ロコガイド テックブログ

「地域のくらしを、かしこく、たのしく」する、株式会社ロコガイドの社員がいろいろな記事を書いています。

「地域のくらしを、かしこく、たのしく」する、株式会社ロコガイドの技術部ブログです。
主にトクバイ・ロコナビのサービス開発について発信しています。

エンジニアが半育休を取ってみた

f:id:jun-okada:20201111221928p:plain

バックエンドエンジニアの岡田です。

2020年5月に第2子が産まれ、2児のパパになりました:baby:

産まれてから3ヶ月間の半育休を取得し、復帰してしばらくたったので、
半育休中と前後について振り返ってみたいと思います。

f:id:jun-okada:20201111140502p:plain

続きを読む

SORACOM UG Online #2 にてボタンデバイスの活用について登壇しました #soracomug

f:id:ar_tama:20201113152926p:plain

こんにちはこんにちは! 先日、ついに京都洋酒研究所の限定ボトルセットに手を出してしまいました。あらゆる酒の沼に頭から突っ込んでいます、id:ar_tamaです。

さて、昨日行われたSORACOM UG Online #2にて、
LTE-M Buttonで始める簡単IoT対応 〜「混雑ランプ」の事例から〜
というタイトルで登壇してまいりました。

続きを読む

GAS×Redashで月18時間の工数削減を実現! ~API操作は難しいけど便利だった~

f:id:hryk-suzuki:20201022114633p:plain

こんにちは。ITシステム部の鈴木です。
社内のメンバーの仕事が少しでも楽になるよう頑張っています!

私は本格的なプログラミングはやったことがないのですが、情シスとして社内の困りごとを改善していくというミッションのもと、これまでVBA、VBScriptやシェルスクリプト等を広く浅くやってきました。
今回は、2月にロコガイドに入社してから入門したGoogle Apps Script(GAS)を使ってメンバーのお役に立った話をします。

続きを読む

Schemaの適用作業を開発者に移譲した話

f:id:otany41:20201008191014p:plain

はじめに

ロコガイドでインフラ全般を担当している大谷(0tany)です。

普段は、多くの会社でインフラ/SRE/WEBオペレーション等を担当している方々と同様に

  • サービスのインフラ構築・運用
  • 監視/障害対応
  • キャパシティ/コストプランニング
  • セキュリティ
  • 各種インフラ作業のリクエスト

などに関する仕事をしています。

ロコガイドのインフラチームが抱えている問題として、特段インフラチームがやらなければいけない仕事でなくとも、業務上開発者に割り当てている各種権限やインフラレイヤのナレッジ共有の問題から、インフラチームが握り込んでしまっている作業がいくつかあり、それが開発チーム・インフラチーム双方への負担となっていました。

開発効率を上げていくため少しずつ作業の見直しと権限の移譲を進めているのですが、そのうちの1つ、トクバイサービスのSchema適用作業を開発チームに移譲した話を紹介します。

続きを読む

Kaigi on Railsに「Rubyで書かれたソースコードを読む技術」というタイトルで登壇しました

f:id:fukajun:20201002162420p:plain こんにちは、技術部の深谷(@fukajun)です。
先日(2020年10月3日)行われたKaigi on Railsにて、「Rubyで書かれたソースコードを読む技術」というタイトルで発表しました。

発表した内容について

仕事やプライベートではメインのRubyも含めていくつかの言語にふれていますが、Rubyで書かれたコードは非常に読みやすいと日々感じています。
基本的には、Ruby/Railsのコードは複雑なロジックでもすんなり理解できることが多いです。
とはいえ、なかなか動きがわからないコードに出会うこともあります。
今回は、そういった場合に自分がやっていることを中心に紹介しました。

続きを読む

リモート環境でのチーム作り

こんにちは@hatuyuki4です。普段はiOSアプリ開発をしていて、ロコガイドではモバイルチームのグループ長をやらせてもらっています。ステーキを焼くのがやたら上手いです。

弊社では2020年3月末から原則フルリモート勤務を開始していて、10月初旬の現時点でもそれを継続しています。やはり勤務形態が変わると、チーム作りも今まで通りではうまく行かなくなってきます。今回は、フルリモート状態でのチーム作りやコミュニケーションについて、トライしてきたことを書こうと思います。

続きを読む