ロコガイド テックブログ

「地域のくらしを、かしこく、たのしく」する、株式会社ロコガイドの技術部ブログです。主にトクバイ・ロコナビのサービス開発について発信しています。

「地域のくらしを、かしこく、たのしく」する、株式会社ロコガイドの技術部ブログです。
主にトクバイ・ロコナビのサービス開発について発信しています。

#Rubykaigi2019 中にブースをどんどん改善して、参加者との会話を30倍に増やした話

f:id:yosaaan1123:20190423134558j:plain

こんにちは! 採用広報担当の @yosaaan1123 です。
4/18~4/20に開催されたRubyKaigi2019で、トクバイはプラチナスポンサーをさせていただきました!

今回は、単純に「スポンサーしたよ!」「ブースでこんなことしたよ!」という内容のブログを書いてもつまらないだろうなぁと思い、「採用広報観点からチームで工夫したこと」を色々と書かせていただければと思います。

コミュ力の高いエンジニアメンバー

こちらの記事にもあったように、

トクバイのエンジニアの魅力はなんといってもコミュニケーション能力が高いこと!

今回、弊社はビンゴゲームができるブースを設営したのですが、
なんとこの企画はエンジニアのみで考えたのです!!

(私が採用広報になったのは4月なので、既に企画が出来上がった後に乗っかっただけなのです・・・)

今回、他社の人事さんとお話させていただいた時に
「えっ、エンジニアさんがビンゴとかも考えてくれたんですか!?すごい・・・」
と言われて、なるほど、やはりうちのエンジニアってそういう協調性のあるところとか、凄いことなのか・・・と実感しました。

自社自慢でお恥ずかしいのですが、私も先月まではアプリのディレクターをしており、
サービス開発においても協力的でコミュニケーション能力の高いエンジニアメンバーにとても助けられて来たのは事実です。

すぐに反省会を開催!翌日に向けて改善策を検討

広報担当としましては、このRubyKaigiのブースでは

  • サービス、社名認知を高める
  • 採用に繋げる

ということが少しでもできればと思い参加していました。

RubyKaigiがいざ始まってみると、

☔ 来場者としっかり会話ができない
☔ ビンゴのルールが分かりにくい
☔ サービス説明のタイミングがなかなか難しい

と反省点がいくつもありました。
そこで、1日目終了後のAfterPartyまでの間、全員で反省会を行い、2日目以降は以下の改善策を行うことにしました。

f:id:yosaaan1123:20190423155305j:plain
反省中・・・?

改善① 技術スタックについて興味を持ってもらえる設計に

☔ 来場者としっかり会話ができない
🌞 トクバイ技術スタック図をブースに設営!

f:id:yosaaan1123:20190423161130j:plain

こちらはCTOのアイディアだったのですが、トクバイの技術スタックについての解説図を、急遽2日目の朝に印刷し、ブースに設置しました。
すると、ブースに来られた方が足を止め、じーっとこの図を眺めてくれることが増え、気になるところがあればぜひ〜!というお声かけから、深くお話しする機会も増えました。

なんとそこから、
「こちらのブースは、とにかく親身になって色々と教えてくれる会社さんという噂を聞いて来ました!」
と続々来ていただけるまでに!!

改善② ブース企画の参加ハードルを大幅に下げた

☔ ビンゴのルールが分かりにくい
🌞 ビンゴゲームを大胆に仕様変更!

f:id:yosaaan1123:20190423161215j:plain

初日は、ビンゴのルールが休憩時間に遊んでもらうにはちょっぴり難しく、更に「ビンゴ」「抽選会」の二段階を踏む必要があり、参加ハードルが高めでした。

  • ブースに来たらまずは抽選会に参加してもらう
  • ビンゴもアクセス時に結果がすぐわかる仕様に変更&「1秒ビンゴ」と命名!
  • ビンゴが外れても、ツイートをしてもらえれば再チャレンジOKに

この変更で、2日目以降は抽選会の参加率が大幅にUPしました!!

改善③ サービス説明はドンドンする!

☔ サービス説明のタイミングがなかなか難しい
🌞 遠慮しないで話すw

f:id:yosaaan1123:20190423161940j:plain

ついつい、ぐいぐいサービス説明をしてしまうのは微妙かな・・・。
と思い、遠慮しがちになりますが、いや、そんなことはない!ということを1日目で体感できました。

というのも、他社さんのブースを回った時に、スタンプとグッズをいただけて嬉しい気持ちはありながらも、会社のお話を聞けないことがほとんどでした。
そこで、これはサービスに興味があっても聞くタイミングがないのかもしれない・・・!?と思いました。

また、
「サービス説明をしてもいいですか?」
とブースに来てくれた方にお話したら、
「はい、そういうのが聞きたいんです!」
と言ってくださる方がたくさんいらっしゃり、熱を込めて話すと、どんどん質問を返してくださる方も多く、嬉しかったです。

RubyKaigiは3日間の開催ということもあり、ある程度気持ちに余裕を持ってブースをまわれるというところもある気がしました。
この「遠慮しない」という気持ちを持っただけでも、お話できる人が体感30倍以上に増えました!!(もちろん急いでそうな方には、無理に話しかけませんでした)

最後に

今回のRubyKaigiでは、トクバイエンジニアチームのいいところである、常に最速で改善しようとする姿勢を改めて側で見ることができ本当に良かったです。
また、サービスの紹介をした時に、「へー便利なサービスですねー!」と言っていただくことが多く、
その場でDLしてくださったり、お母様へLINEでアプリを紹介してくださる方までいらっしゃり・・・
改めて、もっともっと生活に便利なサービスを頑張って作っていきたいという気持ちになりました。
ブースに来てくださったみなさま、改めて本当にありがとうございました!

抽選会で当選された方も、おめでとうございます!

f:id:yosaaan1123:20190423173349j:plain

なによりも、RubyKaigiスタッフの皆様、本当にお疲れ様でした!
また来年、松本でお会いできるのを楽しみにしております。

トクバイに興味を持ってくださった方は、引き続きぜひお気軽にお声がけください!